スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

IFFJ2016「プレーム兄貴、お城へ行く」字幕翻訳

東京と大阪のIFFJ映画祭でやっている、Salman Khan主演映画
「プレーム兄貴、お城へ行く」
(原題: Prem Ratan Dhan Payo(愛という宝石の富を手に入れた))

 

今年のIFFJは、奥深いお話の作品が多いようですが、

「やっぱり、やや古風なつくりの絢爛豪華系インド映画で、ハッピーの極みにのぼっちゃいたいの!!」

という人には、このプレーム兄貴がおすすめです。

愛すべきご都合主義も忘れ去りそうな、怒涛の色彩にまみれた164分!

ぐちぐち言うかわいいヒロイン!心優しい兄貴!そしてキラキラ!キラキラ!!

 

上映スケジュールはこちら。
http://www.indianfilmfestivaljapan.com/schedule.html

 

今年は、この「プレーム兄貴、お城へ行く」の日本語字幕を担当させていただきました。

去年の「Mardaani」と違って、ザ・娯楽映画なので、翻訳も簡単になるのかと思いきや、

スラングや、比喩表現、直訳しただけではニュアンスも意味も伝わらない表現が相当数ありました。

 

追いうちをかけてきたのが、英語字幕。

ヒンディーから訳したあと、参考程度に英語字幕をチラッと確認するのですが、

上記のような理由からなのか、ヒンディーで喋っていることと英語字幕に書かれていることが異なる箇所も「Mardaani」よりだいぶ多く、

チラッと見るたびに、無駄に不安になるという…。

(あ、その参考とした英語字幕はDVD字幕ですので、IFFJのせいではありません。笑)

 

外国語映画は、「作品によっては英語字幕から訳すこともある」と小耳にはさんだことがありますが、

「それは伝言ゲームすぎる暴挙だ」と、しみじみ思いました。

 

特に歌など、ヒンディーネイティヴの間ですら解釈が分かれる箇所もあります。

最終的には翻訳者が、前後の関係を見たり、インド文化のあれこれに照らし合わせたりしながら、どこかに落とすことにはなりますが、

さすがに、その根拠が伝言ゲームというわけにはいかないですね。

 

以下、某所に書きおとしていた字幕に関するメモから少し転記しておきます。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

字幕は、短時間で自然に「読み切れ」なければならないので、
それぞれ、適切な文字数で翻訳しなければなりません。

 

原語の本当の意味は、
「全字幕で根こそぎ」とは言いませんが、
「その字幕によっては大半を」、音の世界だけに封印することになります。

 

例を挙げます。

 

【元の台詞】−−−−−−−−−−−−−−
ダシャラタさんのような経験があるのならば、
どうして、弟ラカンのようなスピードで、あわあわとやっているんだ?

जब दशरथ sir का experience है तो फिर लखन bro की speed में क्यों भाग रहे हो ?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

ダシャラタとは、ラーマ神の父。
ラカンとは、ラーマ神の弟ラクシュマナのこと。

 

そのあと、

「よぼよぼしているとっつぁんには無理だ」というニュアンスで

「Young Indian(つまり自分)にやらせろ」という台詞が続きます。


「ラカン」はあまり知られていない呼称だから「ラクシュマナ」にするとして、

「ダシャラタ」と「ラクシュマナ」を残すとどうなるかを考えます。

 

【いいとこ】

・一部の方が嬉しい(かもしれない)

・翻訳者が自己満足でホクホクする(ただし、この動機で決めるのは論外だと思っています)

 

【よくないとこ】
・過半数の観客が「え?誰?」となることが予想される
・ダシャラタ+ラクシュマナなら11文字、あと使えるのはたった6文字前後。助詞込み6文字で文脈を伝達するのは困難
・劇中に名前情報がたくさん出てきすぎるのはストレスフルかもしれない(既出の人名を記憶しにくくなるかもしれない)

 

比較するとマイナスが大きい。

 

「いい年して
若者並みのスピードを出すな」
になりました。
さよなら、ラーマーヤナ!

 

一方、いい感じで、細かい表現とニュアンスの両方を残せたところもありましたが、
全体として、
「できるだけ多数の人に、ストレスなく観てもらえるラインはどこか?」
という意識をもち続けながら訳しました。
そう考えると、さよならするのも苦行ではなく。

 

今回も、勉強させていただきありがとうございました。

 

 

JUGEMテーマ:映画

IFFJ「Mardaani(女戦士)」本編字幕

IFFJ「Mardaani(女戦士)」の字幕翻訳を担当させていただきました。

邦題は事務局さんによるもので、私は本文の翻訳を担当しました。
本編ラストの
「Apne andar chupi mardaani ko...」
のところでは、
邦題「女戦士」とは必ずしも整合しないので申し訳なかったですが、
「女の内にある"勇ましさ"は…」と訳させていただき、
"勇ましさ"の上に、「マルダーニー」とルビをふっていただきました。
原語の意味を極力残したい私…(と言いつつ、Kala Khatta Cakeを「カキ氷味のケーキ」と訳しましたが☆)

訳すのが楽しかったセリフを、ひとつご紹介します。

Dekh be under 19 team ke 12th man. Agar main chahu na, to Pyaali ko tere ghar se le kar jaungi, par aungi zaroor.

直訳は、
「いい?19未満のチームの12番目の男。もし私が望めばね、ピャーリーをあんたの家から連れ出すわ。絶対に私は来るでしょう。」

うん、
意味がわからない!

ここで、思い出すべきことがあります。
インドで盛んなスポーツといえば?

そう、クリケットですよね。

では、クリケットの選手の人数は?

11人。

そう、
「19未満のチームの12番目の男」とは、
クリケットの、ティーンズ部門のチームの、補欠選手のことなんです。

よし、これで訳せる!

「いい?あんたは、クリケットのティーンズ部門のチームの補欠選手のような、ちっぽけな存在よ。
私が望めばね、ピャーリーをあんたのところから連れ出すのなんて簡単。必ず(アジトに)たどり着いてみせるわ。」

できた。

で、はい。
これを20文字以内にまとめる、と。(笑)

結局、
制限を2文字オーバーしましたが、
「若造チームのーー」
「補欠選手くん」
「ピャーリーは救い出す」
としました。

重いテーマながら、主人公の活躍により爽快感が得られる良い映画でした。

神楽坂のメヘンディ・ワークショップ

メルマガでちらっとお知らせしましたが、
http://www.cici.jp/shop/ws-mehndi.html

東京・神楽坂で、メヘンディ(ヘナタトゥー)のワークショップが定期的に開かれることになりました。

主宰は、大切なお友だち「インド雑貨屋cici」さん。
アーティストさんは、雰囲気もヘナ・デザインもすてきな「海音」さん。

メヘンディをゆったり習うことができるのみならず、
おいしいお茶に、インド料理店から取り寄せたインドのお菓子まで楽しめちゃいます。

毎日暑いですが、ヘナの発色にはこの温度が大事!
この機会に、ヘナ体験。いかがですか?

VISTAでも「Indic IME」

नमस्ते जी ।
मेरा नाम मामी है ।
क्या हाल है ? ठीक है ।

ਸਤਿ ਸ੍ਰੀ ਅਕਾਲ ਜੀ ।
ਮੇਰਾ ਨਾਂ ਮਾਮੀ ਹੈ ।
ਕੀ ਹਾਲ ਹੈ ? ਠੀਕ ਹੈ ।

前半がヒンディー、後半がパンジャービーでした。

最初の挨拶、「ナマステー・ジー(ヒンドゥーへの挨拶)」と「サト・スリー・アカール・ジー(スィクへの挨拶)」はおいといて、

「私の名前はマミです」
メーラー・ナーム・マーミー・ヘ(ヒンディー)
メーラー・ナーン・マーミー・エ(パンジャービー)
激似。

「元気ですか?元気です」
キャー・ハール・ヘ?ティーク・ヘ(ヒンディー)
キー・ハール・エ?ティーク・エ(パンジャービー)
激似。

続きを読む >>

「福岡でヨガ体験2」(6/23火曜)

6/9にあいれふで行なった、ヨガ体験。
インド人留学生パラム君の教え方がわかりやすくて楽しいと、継続のご要望をいただき、めでたく第2回の予定が決まりました。

日時:2009/06/23(火)20:00〜20:50
会場:福岡市立婦人会館あいれふ(福岡市中央区舞鶴)の8F「和室B」
参加費:1000円(6月度のヒンディー語勉強会参加者は500円)
SUNDARでは一切の利益をいただきません。
お申込方法や、パラム君からの挨拶は、こちらをご覧ください。


前回のヨガ体験で、ホワイトボードを使って一生懸命説明するパラム君。
彼を形容するなら、まじめ、純朴、正直一直線。まごうことなき好青年で、しかも、人に何かを教えるということに天性の才能を持っています。本人はそうは思っていないけれど…。

インド人と遊ぼう in 福岡(6/14 Sun)

6月14日(日)お昼過ぎから、インド人学生たちを連れて遊びに行きます。
ご一緒にいかがですか?

参加インド人は、7〜8名(うち、女子1名)。
まず、「ヒンディー語勉強会」ご参加の皆様はもしかしたらご存じの、
「デリー人を連れて福岡歩き」

の記事で書いた4人の男子と、あとから福岡入りした1人の女子。日本語学校の学生たちです。
それから、インドの超名門大学IITから、短期で九大に来ている男子学生数名も「行きたい!」と名乗りをあげてくれています。
以上の7〜8名のインド人、プラス、日本人多数。
大所帯になりますので、車を出さずに済む近場で、大人数でも何とかなって、インド人参加者が福岡でまだ行っていないところで、
と消去していった結果、
今回のテーマは

西新パレスで、ボウリング!

と、なりました。数人の日本人に罵られました。大変申し訳ございません。
でも、インド人は
「ボウリング?やったことある(ふふん)」
「ボウリング場、デリーにもあるからね(ふふふん)」
「えっ、俺は…やったことはないけど、も、もちろん知ってるぞ!」
と、まんざらでもない反応というかなんというか。
続きを読む >>

「福岡でヨガ体験」(6/9火曜)


福岡の日本語学校に通うインド人留学生(23歳男子)が、ヨガの基礎を教えます。

日時:2009/06/09(火)20:00〜20:45
会場:福岡市立婦人会館(福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号あいれふ)の8F「和室B」
http://www.city.fukuoka.lg.jp/fujin-kaikan/access.html

続きを読む >>

デリー人を連れて福岡歩き

数日前にデリーからやってきた4人の男子をつれ、福岡のまちあるきをしました。
 
マリゾンの海辺にて。
左側の2人が、生粋のデリー人。
右側の2人は、デリーに近い町からデリーにうつってきた人たちです。
続きを読む >>

映画「スラムドッグ$ミリオネア」追記


「Slumdog Millionaire」を観ました。「ベンジャミン・バトン」をおさえてゴールデン・グローブ賞作品賞を獲得、なんとオスカーにもノミネートされている、話題の映画です。

この映画、ボリウッドではないのですが、私の目にはボリウッドに見えました。
…などと言うのは、きっと乱暴に過ぎる…とは思うのですが、
「UKのスマートさの中にボリウッドを取り入れた」
というよりは、
「ボリウッドにUKのスマートさを取り入れた」
と言った方が近いように思えたのです。
多少否定的なニュアンスも隠さずに言い直すなら、
「ボリウッドを、UKのスマートさでもってきれいにまとめた」
という感じ。
そう、少し、無難すぎるきらいはあるのです。
ミリオネアの司会者役には、キャラクターの強いリアル司会者2人(作中前半で出てくるアミターブ・バッチャン含む)ではなくAnil Kapoorを起用。
ダンスシーンのダンスそのものは、ボリウッドを見慣れていると「あれ?」と拍子抜けするかもしれない、シンプルで庶民的な振り付け。
高い評価を得ている音楽ですが、ボリウッド音楽を聴きなれた人の耳には、特別なものには聞こえないのではないかと思います。「Jai Ho」はやっぱり素晴らしいけれど、「A.R.Rahmanとしては」、いつも通りの出来。(これがいまさら世界的な映画賞の音楽賞を総なめにするならば、これまで一体いくつのインドのアルバムがもっと評価されていなければならなかったのか、かえって悔しい思いです)
ですが、映画のバランスを保つためには、そのどれもが必要なことだったのだろうと理解できます。
たとえばもし、悪役をいかにも悪役としてくどくど描かれていたら、「洗練されてきたボリウッドをなめているのか」と怒りも買いそうですが、そのようなこともなく、
ムンバイのスラムの描き方は、どこをとっても文句のつけようのないリアリティ溢れるものでした。
宗教紛争の話を、「社会問題」としてでなくひたすら「個人の視点」からだけとらえたような映像で通したところも、好印象でした。あのムンバイでの惨劇に関して説明がなされなかったことで、監督の立ち位置がなんとなく理解でき、そのあとのストーリーが見やすくなりました。
あるクイズ問題の正解や、タージ・マハールのシーンの一部など、現実に反するのではないかと思われる描写をしているところもありましたが、映画の邪魔にはなりません。

日本では「スラムドッグ$ミリオネア」のタイトルで4月公開。
必見です。
続きを読む >>

Chandni Chowk to China日本公開

2009年1月16日に公開されるボリウッドの期待作「Chandni Chowk to China」。日本でも、2009年夏に公開されるようです。
主演は、いまやナンバーワンの勢いのAkshay Kumar!
ヒロインは、「Om Shanti Om」で驚愕の美人オーラを出したDeepika Padukone、今回はどうなるか?
監督はNikhil Advani。「Salaam-e-Ishq」や「Kal Ho Naa Ho」の人です。

こちら、インド現地では、サントラは例によってとっくに発売済で、先に歌から浸透しています。
テレビでも、「Ghajini」や「Rab ne bana di jodi」と同じくらい、頻繁に予告が流れています。
続きを読む >>