スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ナガランドの人


じゃーん。インド人です。
インド北東部の州に住む人の顔は、日本人とよく似ています。
私がマニプリに間違われるゆえんです。

ナガランド州のたべもの。チキンカレーの味が、唐辛子のピリ辛味付け、全体としては比較的あっさりしており、どちらかといえばネパールに近いような味で、なんだかほっとします。
さて、このナガランドの人はどこにいたのかというと、
前回の記事でちらっと書いたトレードフェアの中にあったナガランドパビリオン、の地下に設けられていたレストランにいたのでした。

入場ゲートのひとつに近づくと、「ここは入場だけ。チケットはゲートナンバー2」とヒンディーで言われ、同じようにゲートを間違えた多数のインド人たちの流れにのって、隣のゲートまで歩くこと、5分か10分か。会場がとっても広いのです。この写真はゲートナンバー2の入場口。セキュリティチェックを抜けて入ります。男性のほうがチェックが厳しめ。

目指すホールはどこかしら、と、案内板を見上げます。案内所もあります。

電気自動車の展示。
(スタンダードモデル:Rs.299646,ACつきモデル:Rs.362837,クラストップモデル:Rs.389608)
広い会場内、どこもかしこも人でごったがえしているのですが、
デリー・パビリオンは特に人気。
なぜ?と思い、人々の顔をよく見ていて気付きました。デリー以外からのインド人観光客が多い。
都合で、最終日の午後にしか来れなかったのですが、そのためもあると思います。
デリーでは普段、ほとんどまったく注意を払われない私ジャパニも、ものすごく興味深そうにじーっと見られています。「彼女、日本人?ねえ、日本人かな?」「わかんないよ」とか、「え、あれ見て、あれ」とか、「ハーイ、ベイビー!」とか(私の年齢の半分以下の男子から)。久しぶりに「おもしろい展示物」扱いを受けました。

スポンサーサイト

コメント

そんな時は、サービス精神で歌ってあげましょう。

「ぱる〜で〜し〜、ぱる〜で〜し〜、じゃな〜なひ〜〜ん」

1996年の大ヒットですが、インドでは若いのも昔の曲をよく知ってます。

  • guccie
  • 2008/11/29 08:23

うわっ、懐かしい!
あと「く〜ちく〜ち〜 ほ〜た〜へ〜」

それから、会話の中で、映画のセリフか歌詞を一部使って応答して笑っていただいたり。
私「あ、ごめんなさい…」
インドの子「It's OK、…マミ、友達の間にSorryはいらないんだ。友達の間はね、」
私「No sorry, no thank you」(← Maine Pyar Kiya / Om Shanti Om)
インドの子「ぶ!そう!(笑)」

  • 水洗
  • 2008/11/29 14:58

インドカレーのプレートって実に合理的♪
日本で探すとどうしてもお子ちゃまプレートしか
無くって・・・(^_^;

  • お恭
  • 2008/11/30 11:17

そうか、一体型ってプラスチックが多いですよね。

インドでも最近、おしゃれなお店には色のついたプラスチックのものが出てきています。でも私は、銀色のこれがいいな(笑)

  • 水洗
  • 2008/12/17 09:44