スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

緊急避妊薬のCM

インド・CM新時代…というほどではないかもしれませんが。
流れると、目が離せなくなってしまうCMがあります。
http://www.ipillcipla.com/resources.htm
こちらの「Longest Day」。緊急避妊薬「i-pill」のCMです。
有名なピアノ曲が静かに流れ、画面はモノクロ基調。
学位取得時に撮影した、自分自身の幸せそうな写真。
ダイニングでは、両親が平和に談笑。
ひとり、居心地の悪そうな娘。
携帯が鳴って(CMでは無音)、女友達がタクシーで迎えにきたことがわかり、家を飛び出す。
女友達の肩に寄りかかって泣きながら、総合病院に向かう。
しかし、いざ病院を目の前にすると、どうしても入れない。
泣き顔で首を振り、後ずさる娘。

そこで静かに画面が切り替わり、72時間以内に飲む緊急避妊用ピルの説明がそっとなされます。

50代インド人男性に、i-pillを知っているかと尋ねてみました。
「………うん、CMでやってるからね。最近の若者はひどいことになっているから」

最近の若者?
ということで、高校生に話をふってみました。
「今、僕、女の子につきあってって言われてるんだけどさ」
OKするの?
「妊娠したら困るからOKできずにいる」
え?つきあっても、そういうことをしなきゃいいんじゃないの?
「そういうことをしたいというのは、彼女が言ってきてることなんだ。インドでは女の子のほうがずっと積極的なんだよ」
昔から?
「そんなことは知らない、ただ今について言えば統計がそれを語っているし、実際にそうだね」
結局それを含めてOKするのしないの?
「避妊具をつけても妊娠する可能性がゼロではない以上、だめだって言っているんだけど」
だけど?
「彼女、譲らないんだ。i-pillを飲むから大丈夫だって主張してる」
…は?
「副作用があるしね」
いや、それ以前に、あの薬はそういう目的に意図的に使うようなものではないと思うんだけど。
「え?」
え…。

スポンサーサイト

コメント

India Todayが「性生活に関する意識調査」の記事を掲載して話題になったのは、もう一昨年くらいでしたっけ。1年前にやって好評だったので、2度目には更に調査項目なども広げて、年代・性別のほか、各州での違いなどをまとめた記事でした。
わが市の綜合図書館では、India Todayのバックナンバーも保管してくれているので、さっそく行ってコピーしました。だけど、どこに置いたっけ?

それは結婚している男女を対象にしたものだったと思いますが、若い世代の場合には、まだそんな調査結果は違ってくるでしょうね。あるとすれば統計資料の政府刊行物かな。



  • guccie
  • 2008/12/22 10:28

そうらしいですそうらしいです!私もビックリしましたよ、、インドの女の子はかなり積極的だと!!
実は男子がゲッソリ〜(´`)みたいな!
しかも1ヶ月以内に飲めば堕胎できる薬も町の薬局に看板掲げてふつうに売ってあるとか。。。

  • 38号
  • 2008/12/22 10:32

guccieさま
そのコピー見つかったら見せてください!
心の中に二重性というか、伝統的なところとそうでないところが自然に同居あるいは同居して葛藤していると感じたりします。質問紙の文章によっては伝統的な一面だけ出てくることもあるかもしれないとちらっと思いました。

38号さま
同意された!
「理性的に言えば、婚前交渉は望ましくはない、なぜなら妊娠する危険があるから」
というような、表面に出るものは、結構日本と共通していると思うんですが、よくよく聞いてみると、「危険」の含意が違う。
あれ?男女の身体的差異からくる心の問題の差は?簡単に言うと貞操観念は?と、ぐるぐるしてしまう私はやっぱり日本人です。
インドの中年層が、
「今は、子どももネットでそういう映像を見て知識を得ているし、男女共学だし、親に知られず携帯のSMSでやり取りしているし、こうなったのは必然とも言える。でもこちらから何ができる?今の若者が理解できない。自分の子どもがこわい。でも、何ができる?」
とつぶやきました。

  • SUNDAR 水洗
  • 2008/12/22 14:55