スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「ヒンディー語勉強会2009 in 福岡」やっています&お知らせ

福岡市中央区にて毎週金曜日、ヒンディー語の勉強会をやっています。
5月から始まりましたが、途中からの参加もOKです。
日時は毎週金曜日(月4回)、19:20〜20:50。インド人ゲストは毎回1名。
2009年は、10月23日まででいったん切ります。

勉強会には、デリーから来たインド人がかわるがわるゲストとして来てくれます。
ヒンディーのレベルは、初心者も中級者もミックスです。ネイティヴなゲストの存在を活かそうという趣旨です。
勉強会ですので、かかった費用を全員で折半しています。
参考までに、5月の参加人数は15人、負担額は1人2500円でした。

上記のような金曜日のクラスがメインですが、
随時、火曜や日曜を利用して、
・ヨガクラス
・料理教室
・遊びの企画
・初心者向け補講
などを行います。

インド人ゲストを囲む、通常の金曜クラスに参加ご希望の方、
つまり、勉強会のメンバーになりたい方は、
この記事の「追記」をご覧いただき、ご連絡ください♪ 歓迎します。

■ごあいさつ■

こんにちは。福岡市の「インド雑貨屋SUNDAR」水洗と申します。
昨年度、ヒンディー語の学習経験者で集まって、勉強会を開いておりましたが、
ヒンディーネイティヴのインド人で福岡市に長期滞在してくれる人は大変少なく、
なかなか教科書的な学習から出ることができませんでした。
が、2009年4月、ヒンディーネイティヴの留学生が5名も福岡市に来てくれることになりました。
この絶好の機会に、ヒンディーネイティヴの人たちから生きたヒンディーを学びましょう。

■概要■

期間:2009年5月〜10月(6ヶ月間)
曜日:金曜日19:20〜20:50
回数:月4回
場所:福岡市立婦人会館(福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号あいれふ8F・9F)
http://www.city.fukuoka.lg.jp/fujin-kaikan/access.html
ゲスト:ヒンディーネイティヴのインド人、毎回1名程度。
費用:後述します。

■勉強会のレベル■

「ヒンディー語をちょっとだけかじったことがある、でももう忘れちゃったし、あんまり難しいとついていけないから、ゆっくり楽しくやりたい」
参加者の半数以上は、こんな感じです。
ですから、ヒンディーが全く初めての方も、どうぞお気軽にご参加ください。
今回の勉強会では、せっかくネイティヴがいることですし、主として「実践会話」を学びますので、「文字が読めなければならない」とか、「文法ができなければならない」ということは一切ございません。
文字を読んだことがない方には、事前に、水洗が簡単にお教えしますが、
勉強会では、ヒンディーの文字が出てきたら、逐一カタカナになおしますので、「文字をおぼえて参加しなければならない」ということはございません。

■参加条件■

2008年度に引き続き、ほぼ唯一の参加条件と呼べるものを設定させていただきます。
教室や講座ではなく、「勉強会」ととらえていただけること、です。

デリーから福岡に来てくれたインド人留学生に、ゲストとして出席していただきますが、
彼らはあくまでも留学生であり、語学の講師ではありません。
「先生なんだから、もっと上手に教えてほしい」
と、一方的に要求するのではなく、
主体的に勉強会に取りくみ、
ゲストのインド人から、自分で何かを学び取ろうとしてくださるような方を募集します。

また、ゲストを除く参加者は、全員が対等の立場にあることをご理解ください。
本来は、参加者全員が持ち回りで教材を準備したりゲストのお世話役をしたりできれば一番良いのですが、
なかなかそうもいきませんので、一応のお世話役として水洗が立ちますが、
水洗も、参加者の一人でしかありません。
利益はいただきませんし、参加費を支払います。
最初の1ヶ月は、水洗が毎回の「お題」を準備しますが、
その後は、ぜひともみなさんご自身で、
「これが知りたい」「この教材がやりたい」
と、積極的にいろいろ持ち込んでください。
コピーが必要な場合は、必要経費に組み込めますので、事前に水洗にご相談ください。

■その他の注意事項■

【ゲストの日本語能力について】

彼らは、デリーの日本語学校で日本語を学んできた20代の男女で、
日本語のさらなる上達を目指して福岡入りします。
現段階での日本語能力は、JLPT3級程度。
込み入った会話をするのは、まだ難しいです。
英語をまじえることがあると思いますが、
そこは、皆さんでフォローしていきましょう。

【ゲストは固定制ではありません】

ゲストのインド人は、固定制ではありません。
5人のデリー人のうち、来れる人に来ていただきます。
ヒンディー語を学びつつも、
はじめて福岡に来た留学生たちのサポートもしていきたい、
という趣旨をご理解いただければ幸いです。

【万一、インド人ゲストが来られない回があっても、返金等は行いません】

5人ものデリー人が名乗りをあげてくれていますので、
よほどのことがない限り、どなたかに来ていただけると思います。
が、彼らの日本語学校やアルバイトの都合などで、
インド人ゲストが1人も来られない回がないとも限りません。
その回は、インド人ゲストなしでの勉強会となります。

■費用について■

かかる費用は、
[(会場費)+(ゲストのインド人留学生にお渡しする謝礼と交通費)+(必要経費)] ÷ [その月に参加した人数]
です。
企画者(インド雑貨屋SUNDAR)は、一切の利益をいただきません。
参加人数が増えるほど、負担費用は低くなります。

集金は月のはじめに水洗が行います。

初回から9月末分まで一括でお支払いいただける場合は、
10〜15%程度割安になるよう調整させていただきます。

余ったお金は、月末に参加者に返金します。

■企画者の立ち位置■

「インド雑貨屋SUNDAR」の水洗が、諸手続きや諸連絡を行いますが、
必要経費(コピー代、ゲストを迎えに出るためにかかるバス代などの実費)以外のお金はいただきません。
水洗自身も、いち参加者として、参加費用を支払わせていただきます。
繰り返しになりますが、あくまでも勉強会であり、
ゲストを除く参加者全員が同等の責任を負うことをご理解ください。

水洗は、こんなことをします。
・ゲストおよび参加者への連絡
・5〜6月の間は、長住の寮までゲストを迎えに出る
・課外活動の企画(日曜日に留学生たちを街に連れ出す)
・会場の予約
・お金の計算と集金、会場代の支払い、ゲストへの謝礼の支払い
・6月までは、毎回の「お題」を決めて、必要ならば資料を作って、ゲストをフォローする
・資料のコピーと配布
・両方のクラスに立ち会い、必要ならば一応の進行をする
・学習内容の記録

■申込方法■

info@sundar.jp(水洗)まで、以下の事項をメールでお知らせください。
・どこでこの告知を見たか
・お名前とふりがな
・メールアドレス
・お電話番号
・一ヶ月ごとの支払いと一括での支払いのどちらを希望するか(一括をお選びいただいた場合、10〜15%程度割安になるよう調整しますが、もし途中から来られなくなってしまう場合でも返金はいたしません)。
・ヒンディー学習経験があれば、具体的にお教えください。
・インドとのかかわりや、ヒンディー語を学びたい理由、どんなことがしたいかなど、自己紹介をお願いします。

■mixiコミュ■

2008年から連絡用に使っておりましたコミュをオープンにしました。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3134415



ゲスト5名のうち3名の方に、デリーの日本語学校でお会いしてきました。
まじめそうな学生さんたちでした♪

スポンサーサイト

コメント