スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

いろいろ SIDE B

ブログに使っていなかった写真がたくさんありましたので、
この際、節操なく一気にアップしてみます。

1記事が長くなりすぎるので、SIDE AとSIDE Bに分けました。
こちらはSIDE B。どちらかといえば「インドっぽい」と思われそうなものを中心にしました。
 
場所によっては、車と人と自転車とバイクとオートとバスがとても近かったりします。
ちょっとした接触事故は日常茶飯事で、
段差の上でバランスを崩した中年男性が、走行中の車のわきに思い切り上半身をぶつけてはねかえされていたり、
車にぶつかった女性が口から血を流して泣き、夫らしき人が彼女を支え、近くの店の人たちが水を持ってきていたり。

おしゃれな美容室が増える一方、路上ひげそり屋さんも健在。

ニザムッディンの地下道。昨日、雨が降ったゆえのこと。

路地裏でネックレスを売る少年。

鶏たちの上に、鶏肉。

魚も、

トマトも、

お米も、大量。

家の近くのジュース屋さん。にんじんのディスプレイが楽しい!

あ。

結婚式用の白馬を移動させているところ。
お兄さん、携帯で話しながらの移動です。


オートの運転席の背もたれによく書いてある言葉です。
クリパヤー・ペール・ニーチェー・ラケーン。
「足は下にお願いします」

オールドデリー。人、荷物、喧噪。

ついっと入ると、書籍のディーラー街。

こちらは、狭いけれど超有名な通り。

有名だけど、いかんせん狭いので、よく詰まります。
たとえば、大荷物を積んだ手押し車とサイクルリクシャーが正面衝突状態でにらみ合ったところに、もう一台なにか来たりすると、アウトです。
この写真のときの「渋滞」は相当なもので、歩行者がするっと逃げることすらできなくなり、30分かけて5メートルも進めませんでした。

日も暮れたのでオートで帰ります。

お次は、Janpath Bhawan近くのガラスケースの中。
本屋さんの宣伝なのか…シュールさを狙ったのであろうディスプレイですが、


…カオス。


大量のウサギが飼われていて、みな、目を悪くしているのがいたたまれません。


友人宅の玄関先に、行儀よく座って待つ、野良犬。
多くの野良犬は、なんとな〜く、地域の誰かに世話されているそうです。
この子はかなりなつっこいですが、部屋の中には入ってきません。


South Exの家には、テレビも、冷凍機能付き冷蔵庫も、電子レンジもあり、あまり不便を感じることはないのですが、洗濯機だけはありません。
スーツ(パンジャビドレスのこと)などは近くのドライクリーニング屋さんに出しますが、下着などのこまごましたものはやっぱり自分で洗いたいので、
市販の手洗い用洗剤「Surf」を使っています。


これが便利で、洗濯石鹸のように「ゴシゴシ」する必要がまったくないんです。
バケツに、その粉末と衣類を入れ、水をジャーッ。
軽くかき混ぜて、30分以上おき(上の写真はその最中)、
あとは、バケツの水を何度もかえて、洗剤をよく洗い流し、しぼって干すだけなんです。
それだけで汚れが落ちるの?と、日本から来た方に時々聞かれますが、
落ちます。ちょっと怖くなるくらい落ちます。



最後に、Delhi-6、オールドデリーの空を。
お隣の家の子どもが、のぞきこんできました。

スポンサーサイト

コメント