スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

錠剤にノンベジマーク

ベジ・マーク(緑色)、ノンベジ・マーク(茶色)ですが、 

カルシウムの錠剤にもつけられてました。ノンベジだそうです。

 
ヤクルトは、

ベジ。


日清カップヌードル、タンギーチキン味はノンベジ。


マックの紙、

ノンベジと、

ベジ。


話とは無関係ですが、インドマックのお客さんは基本的にトレイを片付けません。

スポンサーサイト

コメント

ムスリム用にアルコールを使わないハラル・マークのついた化粧品が大きく売り上げを伸ばしている、というニュースを見ました。アメリカの企業ですけど。

トレイを片付けるのは、その役目の人だという意識なんでしょうね。

  • guccie
  • 2009/11/09 06:24

我々旅行者には気がつかない情報をたくさんありがたく思います。インドでは、確かにベジ・ノンベジの問題ははっきりしているので安心です。マークがつくようになったのはいつごろからですか。いいですね。
関連質問ですが、私が京都でジャイナ教徒の接待をしたとき困ったことがあります。先ず、レストランや食堂がほとんどだめということ。根菜の区別はほとんどできませんし、うどんでも汁がかつおだしですから。それで、台所のあるゲストハウスで自炊をしてもらいましたが、SUNDAR水洗さんはそういう場合どうなさいましたか。

  • 随念院
  • 2009/11/09 08:50

guccieさま
ムスリム用化粧品!おお、なるほどおお。
>その役目の人
床に何か落としたときの行動なども、日本人とは異なりますよね。

随念院さま
私の知り合いのJainの方々も、旅先(中東、東南アジア)では、南アジア人が経営するインド料理店で話をして、Jainが食べられる食べ物を出してもらうか、または自炊している(するしかない)ようです。日本に来るときもそのようにしてもらおうと思っています。
現代のJainに「玉ねぎも絶対不可」という人はおそらく少ないにせよ、Hinduよりは厳格な傾向がやはりありますね。卵を抜いていないケーキやパスタも不可の完全エッグレス、旅先における少量の魚ダシも×、特に日本においてはどれだけ大変か。接待のご苦労がしのばれます。

  • SUNDAR 水洗
  • 2009/11/09 13:27

書きわすれていました。
>マークがつくようになったのはいつごろからですか。
2000年前後からだったと記憶しています。
1999年か、2000年か…
いずれにせよ、BJPが政権をとっていたとき(1998〜2004年の間)です。

  • SUNDAR 水洗
  • 2009/11/09 15:48

ベジ・ノンベジのマークについて。
1999/2000に変わる冬にインドに行った時には、まだマークは見かけなかったはず。その後しばらく間があったので、いつ導入されたのか私も知りません。

ジャイナ教徒の外食について。
相手がどの程度まで許容できるかによりますけど、一般的な菜食以上のことを要求する人は、インド国内でも自分か家族が作ったもの以外は家の外で口にしないと思います。相手にもその覚悟ができているはずです。
日本食の場合は、出汁を考えると、ほとんどダメでしょうね。鰹・イリコだしを使わないということで事前にお願いするか、インド人がやっているインド料理屋に連れて行くか、自宅でカミさんに作ってもらうかにします。ちょうど昨夜はJainの人を招いての夕食でした。(^_^)

  • guccie
  • 2009/11/09 17:22