スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「デリーの大みそか、お金がない子はどう頑張ったか」観察

大みそか、ニューイヤーズ・イヴ。
デリーの友人知人は、だいたい例外なく予定を入れていました。

クラブに行く人、
友だちの家でパーティーをする人、
家族とパーティーをする人、
小旅行に出かける人…

在留邦人はほとんどが国外脱出中なためもあり、私もせっかくだからインド人と行動をともにしてみようと思いました。

しかし、ここ数年でいきなりはじけたデリー、
こと夜遊びに関していえば、なかなかにアンバランスです。
夜遊びスポットがクラブ以外にないことに加え、
「お金はいくらでも余っているが遣いどころがない」という人が増えているせいか、大みそかのパーティーともなると、値段がバブル状態なのです。

http://sundar.jugem.jp/?eid=219
昨年のメモによれば、1階がRs.12,000で2階が15,000だったF Barも、
今年は1階がRs.17,000で、2階がRs.32,000(約6万4千円)だったそうです。
普段からテーブルチャージが10万ルピー(20万円)するダイヤモンドラウンジに至っては、この日、いったいどういうことになっていたのか。

Hard Rock Cafe New Delhiは、今年が初のNYE Party。
カップルチャージはRs.7,000で、フライヤーにも明記してありました。(ほかの多くのクラブはフライヤーに値段を書いておらず、電話等での問い合わせ制)
しかし、HRCはインドでのイベントははじめてとあって、デリー人には今いち不評だったようです。

ちなみに、宇野シェフのいる「ai」は、Rs.8,500くらいだったようです。
ここはお酒もお料理もとてもおいしいし、狙い目です。

この日だけ、即席クラブのようになっていたDefence Colonyのカフェ「mocha」は、2人でRs.3000(6,000円)。
クラブに比べれば破格値ですが、おそらく、単にクラブ仕様になっていただけ(音楽がガンガンかかっていて踊れるというだけ)ではなかったかなと思います。複雑。

さて、そんななか、今年はいくつかのお誘いがありました。

・「クラブに行こう!」というお誘い、数件。こういう場合、チャージは男子もちになります。
・「グループで2泊3日の小旅行に行こう」というお誘い、一件。誰かの車に分乗して行くことになります。
・「南インド料理レストランでごはん食べよう。でもそのあとのプランは決まってない。ちなみに僕たち、大みそかのクラブ代が出せるほどのお金はない」というお誘い、一件。

敢えて、一番最後のお誘いを選んでみました。
「お金もなくあまり知識もない子たちが、現代デリーの大みそかに放り出されて、どう試行錯誤するのだろうか?」
という興味からです。

どうなったかと申しますと…。

22時半ごろ…「Sagar Ratna」でのディナーは普通に済みました。
家族連れで賑わっていました。

23時ごろのDefence Colony。このわくわくした空気がたまりません。

問題は、そこからです。
水タバコをしようよと言われて向かったmochaは、当然のように即席クラブになっていましたが、お金がないので入れない。

車でうろうろ。うろうろ。うろうろ。
オートの運転手や道端の物売りに道を尋ねるたびに、「Thank youバイヤー、Happy New Year!」と言い添えるインド男子。
英語がわからない相手の場合、「Naya Saal Mubarak Ho!(新年おめでとう!)」と言いなおしています。
「Aapko bhi!!(あなたも!)」という叫び声がかえってくるのを心地よく聞きながら、
しかし、ドライブの行き先は決まりません。

おもちゃや風船をかついで売っているおじいちゃんから、風船を購入。

こんなのです。
「新年だから!新年だから、もうひとつ買って!!」
とせがむおじいちゃん。(なお、英語は通じません)
インド人たち、「うんうん、新年だしね」と、Rs.50で2つ購入(うちRs.10はおじいちゃんへの新年ボーナス)、そして両方とも私のものになりました。

しかし、行き先は決まりません。
コネのあるらしいクラブから、最終返答が電話で来たものの、
「友だちだから、女子の数が足りなくても特別に入れてあげるね。あ、チャージはRs.7,500だよ」
と言われたようで、がっくしの男子たち。

なんとなく、SaketのMetropolitan Mallにたどり着きました。
カーステレオから、「Aa Khushi Se Khudkushi Kar Le」が聞こえてきた…
http://www.youtube.com/watch?v=00pMFaqoQ-0
と思ったら、
http://www.youtube.com/watch?v=qKZ0JUwAzMM
元の曲である、安室奈美恵の「WANT ME-WANT ME」でした。
チャット中に私が送りつけて、「Pritamが日本のこの曲をパクったの知ってる?」と尋ねたときの音楽データを入れていたようです。
「え、なんで?」
「サービス(にやっ)」

っと、1メートル先から、大量の花火が打ちあがりました。
「Happy New Yearrrrrrrrrrrrrrr!!!!!」
「ひょーーーーーー!!!」

なるほど、年が明ける瞬間に日本の曲をかけるというサービスだったようです。


しばらく真上の花火を見上げたあと、遠くに避難して撮影。

行き場所はないけれども家には帰りたくない男子たち、
24時間オープンのカフェかレストランがどこかにないか、私に尋ねてきました。
「ええと…Lajpat NagarとNizamuddinに」
「じゃあLajpat Nagarに行こう!」
と、Cafe Coffee Dayに向かうも、
大みそかで大量に出ている交通警察につかまり、
RCという書類の不備を理由に1,500ルピーを請求され、
それを、(警察官のポケットマネーにしてよいから)半額にしてくれという交渉をし、
700ルピーを支払って、いよいよ意気消沈のインド男子たち。
3時半ごろ、
「また捕まったら大変だから…帰ろう…」
と、お開きの宣言がありました。
「君を楽しませられなかったと思う…ごめん。ほんとにごめんね」
と、しょんぼりする男子たちでしたが、
彼らには悪いけれども、私にとっては、クラブに行くよりよほど興味深かった夜でした。

【参考】
去年の大みそか
http://sundar.jugem.jp/?eid=220

スポンサーサイト

コメント

インドでお世話になったアカネです!
1日ショッピングに付き合ってもらって感謝感謝です。
本当にありがとうございました!
昨日無事に福岡に着き、今日から仕事でした 涙

福岡は昨日、今年1番の寒さで雪が舞ってましたよ!
税関では「女性インド一人」で珍しいとスーツケースをチェックされました。。。
中からインスタントのカレーが大量に出てきたので苦笑されましたが。。
「インドの食べ物・・・好きなんですか?」と質問され、税関の検査が終了しました。笑

初訪印がとっても楽しかったのでまた行きたいです!
サリーのまき方もHPを見て練習します!
ラジェンダさんにもよろしくお伝えください!
ありがとうございました!!!

AKANE FROM FUKUOKA

  • AKANE
  • 2010/01/14 20:20

アカネ様

コメントありがとうございますっ♪

>「インドの食べ物・・・好きなんですか?」と質問され、税関の検査が終了しました。笑

あはは★その空気…(笑)
アカネさん、初日から「インド人か!」ってことになってましたよね〜。
わくわくした表情に、こちらも元気をもらいました。
またインドで&福岡で!

  • SUNDAR 水洗
  • 2010/01/20 08:14