スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

インドで中古車購入



デリーで中古車を買いました。
MARUTI SUZUKIのwagonR(うぇぐな〜)、2005年式のMT車です。
走行距離45000キロ、私が2人目のオーナー(車両登録証に何人目のオーナーか記載される)、エアコンつき、左サイドミラーはもともとなし、あらかじめCDプレイヤーと純正スピーカーつき。
車体価格17万ルピー+ディーラーのコミッション2%+RC登録料として3千、でした。

最初はAT車を探していましたが、予算オーバー。
Vasant KunjにあるSuzukiのヘッドオフィスに紹介された、SUZUKIのオフィシャルディーラーを訪ねたところ、
「SUZUKIから出てるAT車は、2車種だけです。
 標準的なの大きさのものとなると、「SX4」だけですね。
 MT車で一番安い「ALTO」の中古車は24万ルピーですが、
 「SX4」のAT中古車は、90万ルピーとちょっとでございます」
と言われてしまいました。

また、
「オフィシャルディーラーの中古車ほど状態は良くないが、人づてに買うほうが安い」
ということで、インド人のつてを辿って何台も検討したのですが、
AT車は、35万ルピー、70万ルピー、25万ルピー(これは、おっ!?と思いましたがすぐ売り切れ)。

インドでAT車に乗るのには、もうひとつ問題があるようでした。
インド人「いいかい、インドでAT車は少ないんだ」
私「知ってるけれど」
インド人「それがどういうことかわかるか。どこの誰でも修理できるわけではない、ってことだ」
私「……!!」
確かに、困りそう。
デリー市内ならまだしも、旅先で故障したら…。

かくして、苦手なMT車を、よりによってKarol Baghで買うことになったのでした。
Karol Baghは、中古車を買う市場としては一番安い場所のひとつですが、
騙しも多いとのことで、友人が雇っている運転手さんに同行してもらいました。


切ないフトコロ具合を伝えてみると、最初に出てきたのが上のSANTROでした。韓国のヒュンダイの車で、「せんとろ〜」と発音します。車体価格12万ルピー。
写真では普通に見えますが、特に中がけっこうひどい状態で、また思ったよりも小さく、却下。
次に2004年式のwagonR、15万ルピーのものが出てきたのですが、売約済でした。
次に、基板むき出しどころか、この車内絶対一度焼けたでしょう?と突っ込みたくなるものが出てきたので、「なおすから大丈夫」とか言うのを無視して却下。
次に2005年式のwagonR(17万ルピー)を見せてもらうと、状態がきれいで気に入ってしまった、というわけでした。


大雨が振り出し、車の最終調整をしてもらうことが不可能になったので一旦退散。
現金を作って出直しました。


よってたかって、いろいろしてくれています。


後ろのほうの窓を少し暗くするため、フィルム貼りを依頼。
「全部貼ると300ルピー、後ろだけなら200ルピー」

では、と車を受け取って帰ろうとすると、
さっそくクラクションが鳴らなくなっていたので、引き返してちょちょいと修理してもらいました。

さて、インドで車を運転するのに携帯していなければならないものはいろいろありますが、

まず、もちろん、「免許証」。日本の免許証&日本で取得した国際免許証のコンビでOKです。

次に、「RC」という、車両登録証。これを取得するため、FRROで取得した外国人登録証のコピーを提出しました。新しいRCが来るまでの2週間は、古いRCのコピーを携帯していれば車に乗ることができる、とのこと。

それから、保険証書。義務です。年間6000ルピーくらいになります。
リライアンス社に依頼したところ、かなりこまめに電話が来て、
翌日には、車をチェックする人(英語、一切不可でした)があらわれました。
「フロントウインドウにクラックがある。これ、ぼくがいま本社に報告入れると保険契約できなくなるけど。報告する?それとも、すべてOKだった、って報告する?(要するにお金をくれ)」
携帯で撮影した画像がリアルタイムでムンバイの本社に送られ、
チェック終了の1〜2時間後には、契約担当の人があらためて来てくれる、とのこと。

それともうひとつ、これ。

POLLUTION UNDER CONTROL CERTIFICATE。
ガソリンスタンドで車をチェックしてもらい、汚染レベルが規定以下であることを証明するこの紙を発行してもらわなければなりません。
料金は1回45ルピーですが、この紙の有効期間はたった3ヶ月。けっこう頻繁ですね。



初ドライブは、直近のショッピングモール。(駐車料金30ルピー)
インドでの運転がはじめてであるばかりか、MT車も「AT限定解除コース」で数時間乗っただけ、あげく日本でも免許はとりたてのほやほやということで、びびって日和りました。

車を買ったKarol Baghでテストドライブをしたときの物凄い印象が残っていたので、
「Karol Baghと比べると、ここの道路はなんて快適なんだろう!!」くらいの感覚でしたが、
いや、やはりよく考えると、いろいろととんでもない。

右に車線変更するときは、とりあえず何も見ずに右に出てみる人が多いこととか。(後ろからクラクションを鳴らすと、ススーッと戻る。ことが多い。)
右車線から左折、左車線から右折、とか。(これ、こわい。)

日本では「クラクションを極力鳴らすな」と教わりましたが、
ここでは、
「ギアを急速に動かしながら、クラクションを即座に頻繁に鳴らす」練習をしなければならなさそうです。

それから、車の外側のお掃除について。
路上に1日・2日置いておいただけで、砂ぼこりがうっすらとみっしりと付着してしまうデリー。
サーバントさん経由で、裏のアイロンがけ屋さんに尋ねてもらうと、
「明日、掃除する人を家に行かせる。時間帯と給料はそのとき直接話し合ってくれ」
とのこと。
「給料はどのくらいが相場?」
「月、200ルピーくらいかな」



居住ブロックのゲート番をしている人が来てくれました。
車の外側については毎日掃除してくれ、車内については週1でお掃除。
この条件で、月々200ルピー、とのこと。
車内も毎日掃除する場合は250ルピー、と提示されました。

問題は主に車の外側だし、車の鍵の問題も面倒に思えたので、
「外側は毎日お掃除、車内についてはときどきで、月々200」
でお願いすることになりました。

スポンサーサイト

コメント

こちらからは、はじめまして。
TATAのナノはその安さで世界中のニュースになりましたが、実際には「車としては小さすぎ。あれならバイクに二人乗りしても同じ」と思われたのか、インド国内ではあまり奮わないようですね。インドの運転免許や車検(というか、要するに安全な車かどうかを審査する基準)が、地方都市だとかなりいい加減な印象があるのですが、デリーはやはり厳しいんですね。それくらい厳しくしなければ混乱が起こるのでしょうが。
いろいろとお気をつけてドライブを楽しんでください。

  • ANJO
  • 2010/08/31 21:58

ANJOさん

> TATAのナノは
> インド国内ではあまり奮わないようですね。

nano、乗ってみたかったんです。
「10万ルピーとか言われているけど、なんだかんだで20万ルピーくらいにはなるよ」
という話ではありましたが、それでも乗ってみたかった。

しかし、
ANJOさんなら、このあたりの事情おわかりだと思いますが、
こちらのインド人の友人知人ほぼ全員から、予想以上の猛反対を受けまして。

普段は、こちらが「好みの問題だから」と宣言してしまえば、
彼らと私の考え方の違いについて、あきらめてくれる友人たちも、
今回は、一歩も引かず、こんなふう。↓
「なんでも、好きだと思える車に乗ればよい。
 が、nanoだけは何があっても選ぶべきでない。死ぬよ。」

最後の悪あがきで、Karol Baghのディーラーに
「nanoはありませんか」
と聞いてみましたが、
彼らにも、鼻で笑われてスルーされました。

> デリーはやはり厳しいんですね。

おお、よく考えてみたら私、ウソ書いてました。
このPollutionなんとかの紙については、
「インドで運転するのに必要なもの」ではなく、
「デリーで運転するのに必要なもの」ですね。
書類発行機関がデリーの機関になってます。

デリーは厳しいという件について、
あまり自信をもってレスできないのですが、
確かにデリーだと、信号無視で捕まえられているのをときどき見ます。(信号無視しないという意味ではない)
路駐しているバイクをサッとレッカー移動、とかもあり。(路駐がないという意味ではない)
検問の際にRCを持っていなくて罰金、というのには、
人の車に同乗していても、よく出くわします。

まあ、「警察官に慈悲を乞いまくって、罰金を半額にしてもらう」
(そのお金はもちろん警察官のポケットマネーとなる)
というのもよく見るんですが、

いずれにせよ、地方都市とデリーでは、
雰囲気や警察の感じがずいぶん違いますね〜。

  • SUNDAR
  • 2010/09/01 03:47

すごい!すごい!!デリーで運転!!!

すごいですね〜。
ほんとにほんとに尊敬いたしまする!
どうかどうかお気をつけて。
もしかしたら、タージまで行っちゃいますか?

ゲート番の人、そんなバイト(?)してるんですね。
毎日暇だろうな〜って思ってました。

SUNDARさんの日記、とても興味深いです。
楽しく読ませていただいてま〜す。

  • 2010/09/02 23:41

ちょっとずつ慣れて、Tajまで行っちゃいたいです!!
ほかにも、Agraより近いようないろいろなところに興味がわいてます。列車では逆に行きにくいようなところ。
今はDelhiでの仕事でてんやわんやですが、
何ヶ月かあとに、日帰りドライブとか始めたいなぁ。

とりあえず、Vasant KunjとCPの間をいくつかのルートで何往復かしたり、日本人会と大和屋さんに行ったり、左サイドミラーをつけてくれるWORKSHOPを探してうろうろしたりしました。
スムーズな運転には程遠く、
渋滞とでこぼこ道と下手な運転で、クラッチを踏む左足がブレてエンストしまくったり、
フライオーバーからうっかり降りそこねて国道(NH8)にのってしまい、さっぱりUターンできず「わたし、どこまで行くんでしょう…」とかつぶやいたりしています。

> ゲート番の人、そんなバイト(?)してるんですね。

はじまってみると、実際に掃除をしてくれるのは、別の青年でした。
初日、ゲート番の妻らしき人が、ゲート番の子どもらしき青年(ゲート番の子どもかどうかは未確認です)を伴ってやってきたのでした。

  • SUNDAR
  • 2010/09/03 00:24

マミーゴ!!

すげー!!

日本でさえ運転できない私から見たら、あなたは神。。。。


くれぐれも、事故だけは気をつけてね!!

今月行くから待っててー!
今回はちゃんとクラブ用にチャラチャラ調子乗った洋服も持ってくから遊び行こうね☆

踊るぞー!!

  • しの
  • 2010/09/03 19:20

>しの

必要とあらば車の免許どころかハネついた乗り物の免許でも取っちゃいそうなあなたが何を言いますかww

本日、雑務や仕事で、
午前中から夜中まで、車を使って移動しまくりでした。
エンストの数:かぞえきれず
車間距離30cm以下:たくさん
車間距離ゼロ:1回
対人距離10cm以下:たくさん

デリーの新空港を一歩出るなり、そういう車にのっけられることになるので、覚悟をきめておいてください。

  • SUNDAR
  • 2010/09/04 04:01

あはは!
ファンキーだね!!

今回はまた新しい感じでインド初日のエキサイティングな雰囲気を満喫できそうだあ!!

楽しみ楽しみ☆

よろぴくおねがいしまーす!!

  • しの
  • 2010/09/04 13:11