スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Androidでヒンディー単語学習

 先日、Android携帯のひとつ「Dell XCD35」を買いました。

モールのモバイルショップでRs.16,500くらい(上位機種はRs.34,000、下位はRs.11,500くらい)、
Gaffar Marketでは新品Rs.15,500でした。

なお、モールで見たときは、日本語も含め、言語設定の欄にずらりと各国言語が並んでいたのですが、
Gaffar Marketで買ったものにはEnglishしか入っていませんでした。
(今度デリーのNehru PlaceにあるDell Shopで聞いてみる予定)→各国言語は上位機種にしかもともと入っていないと言われました〜

【日本語サイトや日本語メールの閲覧ができるようになるまで】

まず、インドVodafoneのショップに行き、
ネットサービスをActivateしてもらいました。
その際、ネット用に月額Rs.99(2GBまで)も別にリチャージするよう指示されました。
申込み後数時間で、携帯からネットができるようになりました。

本当は、ネットサービスはVodafoneよりAirtelのほうが評判がいいのですが、
以前AirtelのSIMのネットサービスをActivateしてもらったとき、
ショップが混みすぎていて、きちんと処理してもらえずに何度も通わされ、
3週間後にやっと、ということがあったので…。

以上の手続きは、ほかの携帯でも同じです。
Android携帯の違うところは、日本語サイトが読める!ということ。
漢字が時々中国語フォントですが、実用上困りません。

【日本語サイトや日本語メールの書き込みができるようになるまで】

携帯から「Android Market」に接続し、フリーの「Simeji」をインストール。
携帯で、Settings→Language&Keyboard Settingsと進み、
「Simeji」にチェックを入れました。
これで、日本語の読み書き共にできるようになりました。

【Androidでヒンディー単語学習】

単語帳アプリを使って、
ネット上でシェアされている単語帳で学習したり、
自分で単語帳を作ったりもできます。

まず、「Android Market」で、単語帳作成アプリ「AnyMemo Free」をダウンロードします。無料です。

アプリメニュー「Download Databases」から操作して、Hindiと名のつくものをDL。



二番目にある
http://flashcardexchange.com/
をクリックすると、



こんなログイン画面が出て一瞬びっくりしますが、
会員登録をしなくても、ただ「hindi」と打って検索すればOKです。

めぼしいものをダウンロードしたら、
「Open Database」から好きな単語帳を開きます。



どれでも。

すると、□□□となって文字が読めないものがあります。



問題部分の英語は読めても、答えのヒンディーの文字が読めない、というもの。
もしくはその逆。

でも大丈夫。
このソフトは、指定をかければフォントを読みに行ってくれるので、
携帯内のSDカードに、何かヒンディー語のフォントを入れればOKになります。

私の場合は、
PCのコントロールパネル→フォント のフォルダ内を見たら、「mangal.ttf」があったので、
それを携帯のSDカードにコピーしました。ひとまずSDカード直下に。

「AnyMemo Free」で、問題の単語帳を開いてから、
「Settings」を開きます。



今回読めないのは「答え」のほうなので、「Answer Font」をmangal.ttfに指定してあげました。

もう一度単語帳を開いてみると…



読めました!

単語帳は自作もできます。
テキストエディタ「秀丸」を使用する場合、
各行、
「質問、半角コンマ、解答」の順で書きます。
質問か解答にヒンディー文字が入っても大丈夫。
「ファイル」→「エンコードの種類」→Unicode UTF-8、改行=CR+LFを指定してからCSV保存。
それをインポートして使います。

スポンサーサイト

コメント