スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

住んでいる部屋と、インド猫

昨年12月から、Vasant Viharに引っ越しています。

家賃の高騰も著しいVasant Viharエリアは、
家族向け3ベッドルームの物件などでは、20万ルピー(40万円)/月でも借りるのが難しくなってきていますが(新築3ベッドルームで35万ルピーほど、古いものでも25万ルピーほどからの交渉)、
単身者向け1ベッドルームの物件なら、まだ手頃。


リビングルーム。

ベッドルーム。 


ダイニング。


キッチン。右手前の白い箱は洗濯機です。
ここでは、洗濯機はドラム式が多いです。
洗剤は主に3種類売られていて、
日本のような洗濯機に使う「Top Load」、
ドラム式の洗濯機に使う「Front Load」、
バケツでのつけおき洗い(手洗い)に使う「Quick Wash」があります。
これはドラム式なので「Front Load」の洗剤を使わなければならないのですが、
一度、余っていた「Top Load」洗剤で洗濯してみたら、ベタベタに仕上がってしまいました。ドラム式は少量の水で洗うからなのですね。

これらの写真は12月の引越し前後に撮影したため生活感がありませんが、
今では恥ずかしいまでのごっちゃりぶりなうえに、

Defence Colony Flyoverの近くにある動物愛護団体「friendicoes(フレンドイコーズ)」
http://www.friendicoes.org/
で引きとってきたインド猫が、棚のすべての食材などを、毎日毎日、どさどさどさー。

スポンサーサイト

コメント