スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

味覚レベルだだ下がり



NescafeはRs.50くらいの缶がよく売られてますが、
スーパーで、環境にやさしくないミニサイズのペットボトルを発見。
「Nescafe Latte STYLE」

この「STYLE」というシリーズ、あまり見かけない。
あまり見かけないということは、たぶん、輸入もの。

なので、かごに入れる前に値段を確認。

輸入ものの食品は、買い物かごに気軽に入れる前に、値段を確認することにしています。
Rs.130のコーンフレーク(インド)とRs.850のコーンフレーク(輸入)が同じ風情で同じ棚に並んでいたりするので油断なりません。(1,500円のコーンフレークは買えません…)

このペットボトル入りコーヒーも、いきなりRs.180とかでもおかしくない、と思ったら、



Rs.67.5。あ、なんだ。

飲んでみたら、
お い し い〜。

丈夫すぎるミニペットボトルは、どこかで再利用されることを祈ります。(ごみの分別システムは無いけれど、結果的にはごみは誰ぞにチェックされて、売れるものや使えるものはどこぞへと消えていくので)

そういえば、最近インドマックにもお目見えした「マックフルーリー」も激ウマに感じられます。
これは私だけの感想ではないようで、すでに「フルーリー凄いね旨いね!!」という会話を数人の日本人と交わし済。

でも冷静に考えたら、私がいま心の底から手放しで大絶賛しているのは、ネスカフェとマック。
…あれ?

スポンサーサイト

コメント