スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

「留学生から学ぶ外国語教室」第7回

宿題として、テキスト10ページの本文を読んでおくように言われていた7回目でした。
残りの子音を学びました。
य(y)र(r)ल(l)व(v)श(sh)ष(Sh)स(s)ह(h)

結合文字とその書き順も習いました。
क्ष(kSha)、ॐ(OM)、ज्ञ(Gya/先生はnyaoと発音)、श्र(shr)

そのうち、ज्ञについては、以下の単語を教わりました。
ज्ञान(nyaon/ニャーンとニョーンの中間くらい):知識
ज्ञानी(nyaonee/ニャーニー):博識者

श्र(shr)については、このフレーズを教わりました。
श्री गणेशा
(シュリー・ガネーシャー/聖なるガネーシャ)
先生が小さい頃、はじめて言葉を習うとき、「あ、あー、い、いー」とは習わずに、まずこのフレーズから習ったそうです。

ॐ(OM)のअは牛を作ったBramha神、उはヴィシュヌ神、मはShivaの化身Mahesh神を表しているとのことでした。オーム、というより、お〜〜〜、とのばす感じで発音するよう言われました。

子音+ऋ(R)は来週です。

ここまで終わって、「『ヒンディー』とヒンディーで書いてみてください」と言われました。
हिंदी
これが答え。
先生の名前「スヴァルナ」:सुवर्ण(子音+ऋは来週と言っていたのに^^;)
Taj Mahal:ताज महाल(glory palace)
日本人が「タージマハル」とカタカナ読みすると、ताज(taaj)でなくथाजी(thaajee)になってしまうのだとか。

さて、コピーして配られていたテキストですが、これまでほとんど全く使われていませんでした。
先週、「来週までにテキスト10ページを読んできておいてください」と言われたので、ついに入るかと思いきや、
サポートの方「わかりやすいレベルのものから選ぶということで、相当に狭い選択肢の中から選ばざるを得なかったという事情がありまして」
先生「このテキスト、与えられたので出来るだけ使おうとしたけれど、やっぱり私使えません。今度私がプリントを作ってきます」
そうなるかもしれないと半ば予想してはいましたが、受講生が何となくポカーンとして聞いていると、先生が「何故このテキストが難しいか」の説明を始めました。

宿題になっていた、p.10の文章はこれです。

यह चिड़िया नर है, या मादा?
मैं नहीं जान्ती ।
हाँ, जान्ने का एक तरीका है ।
वह क्या ?
थोड़े-से दाने दो और देखो ।
वह कैसे ?
अगर खाता है तो नर है और खाती है तो मादा ।


雄か雌かわからない鳥を見分けるには、豆粒を与えてみて、खाता(食べるの男性形)するかखाती(食べるの女性形)するか見ればよい、というジョーク話。

先生「何を言われているのかわかりませんでした。ほかのインド人にも見せましたが、かなり時間がたってから『…あー』って。わかってしまったら、funnyなんですが」
サポートの方の突っ込み「ファニーって、話が面白いんですか、それとも話がstrangeなんですか」
先生「ええと、strangeです」
受講生、爆笑。
先生「あ、いや、両方です」
受講生の戸惑いの声「面白いかなあ、これ?」「笑えませんよね」
先生「あ、むずかしい?むずかしいですよね」
私の心の声「(いや、理解できないというのではなく、笑えないというだけなのだけど)」
ある受講生の突っ込み「インド人は、笑いの沸点が低いんじゃないですかね」
受講生一同「ああー」
先生「あの、インドでも、こんなジョークは言いません」

そんなこんなで、次回以降何を学びたいか、リクエストを紙に書いて渡すことになりました。

残った時間で、前回配られていたプリントにあった文章を習いました。

आप कहाँ रह्ते हैं ?
(アープ カハーン レヘテー ヘーン?)
「あなたはどこに住んでいますか?」
尋ねるときは性を考えずに問うそうです。複数形のआप〜हैंを使うのは敬意表現かな?
मैं ○○ में रह्ता/रह्ती हूँ ।
(マェーン ○○ メーン レヘター/レヘティー フーン)
「私は○○に住んでいます」
मेरा ऑफीस तेंजीन में है ।
(メーラー オフィース 天神 メーン ハェー)
「私の会社は天神にあります」
はじめて短母音オ「ऑ」が出てきました。

ここで時間切れ。来週も楽しみです。
ところで、いつもは前を向いて授業を受けるのですが、今回はグループ練習をするとのことで、横向きにテーブルを組みなおしての授業でした。
中学校の班のようで、ちょっとうきうきしてしまいました。

■IndicIMEの覚え書き■

チャンドラビンドゥの入力は「M」、ビンドゥの入力は「&」
ウはu、ウーはoo、イはi、イーはee、
ऐはai、औはauと入力。
ऋはR、णはN、षはSh、क्षはkSh、ज्ञはGy、श्रはshr、ॐはOM、ऑはO、ड़はD=a
文末の縦線は「}」と入力。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL