スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

筑女大◇ヒンディー語 前期6週目

筑紫女学園大学「ヒンディー語機廚よび「ヒンディー語掘廚裡恐麑椶任靴拭
続きを読む >>

筑女大◇ヒンディー語 前期5週目

筑紫女学園大学「ヒンディー語機廚よび「ヒンディー語掘廚裡飢麑椶任靴拭
続きを読む >>

筑女大◇ヒンディー語 前期4週目

筑紫女学園大学「ヒンディー語機廚よび「ヒンディー語掘廚裡寛麑椶任靴拭(先週はGWのためお休みでした)
続きを読む >>

筑女大◇ヒンディー語 前期3週目

筑紫女学園大学「ヒンディー語機廚よび「ヒンディー語掘廚裡害麑椶任靴拭
続きを読む >>

筑女大◇ヒンディー語 前期2週目

筑紫女学園大学「ヒンディー語機廚よび「ヒンディー語掘廚裡臆麑椶任靴拭
続きを読む >>

筑女大◇ヒンディー語 前期1週目

筑紫女学園大学「ヒンディー語機廚よび「ヒンディー語掘廚僚蘰でした。
一時は閉講も危ぶまれましたが、無事開講されることになりました。

■ヒンディー語

ヒンディー語がはじめての2年生を対象としたクラスです。
今回の出席者は私を含めて8名。(うち、ネパール人1名)

「こんにちは」
「元気です」
「私の名前は〜です」

以上の会話練習をしました。

ヒンディー話者人口やインドの言語に関する資料が配られ、話者が増加していることを確認。
文字の書き順が示されたプリントと、大阪外大の先生のコラムも配られました。

■ヒンディー語

昨年ヒンディー語気鮗講した3年生対象のクラスです。
今回の出席者は私を含めて5名。

インドの国立教育研究所が出した、小学校二年生用のモデル教科書「こどものことば」の中から、笑わなくなってしまったお姫様の話をとりあげ、ゆっくり勉強していくようです。

配られたプリントは、教科書のコピーが5枚と、本文に出てくる単語の和訳。
単語の和訳プリントを見ていけば、話自体は把握出来るようになっています。
本日は
「王様がいました」
「王妃様がいました」
きわめてゆっくりやっていきますとの言葉どおり、
この、倒置の起こったコピュラ動詞過去形の文ふたつで、今日はおしまいになりました。

筑女大◇閉講の危機?

郵送されてきた書類にあった、テキスト販売日。今日がその初日でした。
午後には大宰府に向かえるよう準備をしていると、携帯が鳴りました。

「教務課です。もしかして今日いらっしゃる予定があります?」
「はい、早速!」
「それ、ちょっと待って下さい」

えっ?

「実は、希望者があまりにも少なかったので、開講か閉講か協議することになったんです。開講が正式決定するまで、テキストの販売は見送りになりました」

えええっ!?
希望者が少なかったって、一体、何人だったんですか?

「……ええっと、普通、10人以上で開講なんですが、……そのくらい、ということです」

私立大学ですし、
ヒンディー語は、非常勤の先生の担当だということですし、
受講者の少ない講義は、打ち切りになる、ということもあるのでしょう。

でも、どうか、開講されますように!

筑女大◇聴講の内諾をもらいました

筑紫女学園大学に、聴講生手続きのための書類を提出してきました。

ヒンディー語機二年生前期対象 火曜4校時目 発音から
ヒンディー語供二年生後期対象 金曜2校時目
ヒンディー語掘Щ闇生前期対象 火曜3校時目 物語文購読から
ヒンディー語検Щ闇生後期対象 金曜3校時目

本来なら、順番に受けていくべきなのですが、
つい欲が出て、すべてに申し込みを入れてしまう私。

「気呂箸發く、靴呂いなり申し込みをしても断られるかもしれない」
「非常勤の先生のため連絡がすぐにはつけられないので、内諾がもらえるかどうかわかるのは先になるかもしれない」
「内諾がもらえても、教授会までかかって最終決定となるのは3/20くらいになる」
などお聞きして大学をあとにし、
大宰府駅までてくてく歩いて戻っていましたら、
電車に乗るより早く、携帯に電話が!

「先生に連絡がついて、全部に内諾もらえました!」
「ええっ!?ありがとうございます!」
「ただですねー、先生が心配してあったことがあって」
「は、はい(ドキドキ)」
「気枠音から入るし、退屈なさるんじゃないか、と…」
「とんでもありません!!(心の底から)」

ホッとしながら電話を切れば、太宰府天満宮が目の前。
学問の神様をまつる、福岡では有名な天満宮です。
四月までの間、予習を頑張れるよう、お祈りをしてきました。

筑女大◇聴講生手続きについてお話伺ってきました

連休明けを待って、筑紫女学園大学にお話を伺いに行って参りました。

聴講生手続きに必要なのは、日本国籍を持っている場合
○所定の願書兼履歴書(これに希望の科目を書く)
○最終学校の卒業証明書
○健康診断書
○勤務先承諾書
です。
2月末の期日までにすべて提出されたら、教務課の方が担当教員に打診してくださり
(その際、出願理由などの細かいところも伝えていただけるそうです)
内諾が得られたら教授会にかけられて最終決定、という順番だとか。
聴講生証が発行され、図書館の利用も可能になるようです。
これから必要書類を揃えることになります。

ところでこの授業、何年度から開講されたかは、はっきりとはわかりませんでしたが、
少なくとも、今年度からとかそういう話ではなかったようです。

ちなみに、テキストはこちら。

確か、結構かっちりと書かれた本だったと思います。

筑女大◇福岡でヒンディー語が学べる

ヒンディーを学んでいる、または、学んだことのある方は少なくないと思います。
東京にも大阪にも、あまりにも有名な、ヒンディー語科を擁する国立の外大がありますし、
外大やヒンディー語科でなくとも、ヒンディー語を開講している大学はあります。
聞いた話では、東京には民間の教室すら数種類あり、選ぶことすらできる環境だとか。

しかし、ここ福岡のような地方都市では、それがなかなか難しいのです。
いざ、
「自分で勉強するだけじゃなく、どこかで体系的に学びたい」
「学習のリズム、心地よいメリハリが欲しい」
と思っても、
民間の機関はひとつもありません。
では大学、ということになるのですが、そもそもインド関係の学問をやっているところが少ない。

九大の「インド哲学史研究室」ならどうだろうか?と思ったのですが、

>授業ではおもに南アジアつまりインド文化圏の古典語である
>サンスクリット語,パーリ語,チベット語を翻訳する訓練をおこないます

高度すぎました。

ところが、ふとしたきっかけで知ったのです。
福岡県太宰府市の筑紫女学園大学で、ヒンディー語の講義が開講されていると。

ヒンディー語機奮愽遙嫁生対象・前期)
ヒンディー語供奮愽遙嫁生対象・後期)
ヒンディー語掘奮愽遙廓生対象・前期)
ヒンディー語検奮愽遙廓生対象・後期)

少なくとも今年度には既に開講されていたようですが、具体的にいつからだったのかはわかりません。
担当の先生がどなたなのかも、サイト上では謎。南アジアを担当されている教授か助教授のどちらかの方でしょうか、それとも言語担当の講師の方でしょうか。

2005年度の聴講は逃せまい!
と、さっそく本日10日、筑紫女学園大学の教務課に問い合わせてみました。

「聴講生制度はあります。言語科目は1単位で、聴講料は1単位あたり6,000円です」

わかってます。私立の大学ですし、どんな金額を言われても驚いたりしません。どんなに高くとも受けま
え?何ですって?ろくせんえん?
四科目全部受けても、一年で24,000円です。

「ただ、ご希望の授業は演習形式ですので、担当教員の許可が得られなかったら受けられません」
うっ、ドキドキ。

「2月28日が聴講生の出願締め切りですが、許可のこともあって既にギリギリなので、急いでいらして下さい」
急いで行きます!

月曜日にお話を伺ってきます。